カラコンを選ぶ時のポイント

MENU

カラコンを選ぶ時の最低限のポイント

今では多くの人が手軽に入手でき、ファッションの一部となっていますよね。しかし、人気がある反面、カラコンによる目の不快感を訴える人も少なくなく、テレビや雑誌でも何回も問題点が取り上げられています。カラコンを選ぶ時のポイントをしっかりつかんでいれば、何も恐れる事はありません。そのポイントをご紹介します。
1つ目のポイントは、カラコンを初めて使う時は必ず眼科で処方をしてもらうことです。正直めんどくさいし、ドンキや東急ハンズ、ネットで買えば簡単に手に入るのにわざわざ?と思うかもしれませんが、初めて使う時の目の状況を病院の先生に見てもらうことはとても大切です。そして、1回目は先生に処方してもらったカラコンを使う方が安全性が高いです。すぐに手に入るどこの会社か不明で、安いカラコンは危険性が高いです。ネットの口コミだけでは、信頼性に欠けるので、目のトラブルを避けるためにも、病院に必ず行きましょう。また、今まで眼科に行かず、カラコンを使用している人もこれを機に一度行って下さい。1回病院に行けば、あとは同じ商品であればネット購入しても良いです。しかし、何もなくても最低半年~1年に1回、また、目の違和感を感じたらできるだけ早く病院に行きましょう。
2つ目のポイントは必ず使用期限を守ることです。ワンデーのカラコンをまだ使える、もったいないという理由で何日も使うのは大変危険です。実際私も、仕事で忙しく、購入するのを忘れており、家に商品が到着するまでワンデーのカラコンを3日連続で使ったことがあります。パッと見は大丈夫だと思いましたが、よく見るとフチの部分がポロポロととれてきて、白目部分に小さなゴミがいくつもついてビックリしたことがあります。商品名は言えませんが、テレビCMでもよく流れていた有名なディファインのコンタクトです。幸い、目に異常は無かったのですが(自己判断ですが・・)、家に帰り直ぐに目を洗い、商品が着くまでの間はメガネで過ごしていました。実際自分の身に起こるとゾッとするので、ワンデーと書かれているなら1日使ったら必ず捨てる、と期限を絶対に守って下さい。今回私の場合は自己判断で病院に行きませんでしたが、できることなら、もし何かあった場合は、実物を持って病院にすぐに行きましょう。
以上の2つの最低限のポイントをしっかりと守って、おしゃれを楽しみましょう。自己管理もおしゃれの1つですので、目の前の安さだけでなく、しっかりと自分を大切にして下さいね。